カードローンは金利計算がポイントです|返済計画を考えよう

レディー

無収入でも借りられる

紙幣

カードローンの申し込みをする際は、安定した収入が合った方が審査に通りやすくなりますが、コツさえ掴めば収入のない専業主婦でもカードローンの融資が受けられます。多くの人が利用している消費者金融は収入がない専業主婦への融資を受け付けておらず、融資依頼をしても審査に通る可能性は非常に低くなっています。そこで、専業主婦がカードローンを利用する際は銀行カードローンを利用しましょう。銀行カードローンは消費者金融の審査と違って、配偶者に安定した収入があれば問題ないと判断されるので、無収入でも融資が受けられるのです。しかし借りたお金は返さなければいけないので、銀行カードローンでは専業主婦への融資額を10万円から30万円に抑えている場合がほとんどです。

専業主婦が銀行カードローンに申し込みをする場合、手続きを円滑にするためにあらかじめ必要書類を準備しておくべきです。収入がないので源泉徴収票などは必要なく、運転免許証のような身分証明ができる書類を用意するだけで十分です。そして、専業主婦の場合は年収を記入する欄がなく、勤務先なども記載しないので、申込者本人の信用情報が最大の審査基準となります。そのため、過去に支払の長期延滞や債務整理などを経験していると審査に通りづらくなるので気をつけましょう。さらに、複数の業者のカードローンを利用していると返済計画が立てづらくなるので、以前に利用していた個人向け融資などがないか確認しておくと良いです。このような点を意識していれば、審査に通る可能性が高くなります。